社団法人全日本愛鱗会

泳ぐ宝石 錦鯉

錦鯉の品種

5.写りもの(うつりもの)

写りものは昭和三色と同系列の鯉で、浅黄系の墨を基本の地体とし、その中に、白、黄、緋などの模様が現れたと見るのが本来の考えです。しかしながら、交配・改良の結果、墨が少ないものが好まれるようになり、墨を地体というよりむしろ斑模様と捉えるようになってきています。

白写り
昭和三色系の墨地で、白黒のモノトーンの美と墨の豪快さを持つ。
緋写り
墨地に緋色の体色。
黄写り
墨地に黄色。近代の錦鯉の歴史の中でも早くから見られた品種。